不妊の体験談

不妊治療の基礎知識について

ママの栄養素配合人気サプリメント

●タイミング療法

基礎体温をつけて体のリズムを把握した上で、排卵数日前に病院へ行きました。尿検査や血液検査で排卵日を限りなく正確に予測してもらいます。必要があれば排卵誘発の注射を打ったり、女性ホルモンに働きかける薬を処方してもらい服用します。排卵日とその前後に子作りの機会を持ちます。

 

●人工授精(AIH)

排卵日予測や注射・薬の服用までは同上です。排卵日に夫の精子を持参し(もしくは病院で採取)、受精しやすいように病院で少し手を加えます。それを人工的に子宮内に届け、およそ1から2週間後に内診で受精・妊娠の有無を確認する方法です。こちらは少し人の手が加わるものの、限りなく自然妊娠に近い治療方法と言えます。

 

1回1から3万円と、案外と低価格なので不妊治療としては非常に受け入れやすい方法です。体調やスケジュールによって6から10回くらい行われ、そこまでしても妊娠できない場合は次のステップに進行します。

 

●体外受精(IVF)

タイミング療法や人工授精で妊娠できなかった場合や、精子や卵子・卵管など何かしらの原因が見られる場合は体外受精を勧められます。体外受精は子宮から卵子を摘出し、精子と人工的に体外で培養液の中で受精させます。その後、子宮内に受精卵を戻し着床から妊娠を待ち続けるという方法です。

 

先述の方法と比較検討すると妊娠する確率はぐっとアップすると言われていますが、年齢や体質により個人差があるので一概に「成功率何%以上」と断定はできません。

 

費用も1回50から80万円と非常に高額になることと、自己注射など妻側の心身の負担が多大な治療法なので、病院側で説明会や意向の確認が何度か繰り返し行われるケースがたいていとなっています。

 

●顕微受精

体外受精でも妊娠に至らなかった場合や、夫に精子減少症などが見られる場合は顕微受精を勧められます。顕微授精は体外受精にさらにちょっとし工夫を加える方法で、精子を人工的に卵子の中に注入します。精子1個を卵子に注入するため体外受精と比較検討すると妊娠する確率がよりアップするのと一緒に治療費用も高くなります。

 

妊娠に効果のある成分配合サプリランキングへ


不妊の体験談記事一覧

私の不妊体験談

●一生懸命努力したことが報われない不妊治療を受けていた最中、最も辛かったのは、一生懸命努力してきたことがちっとも報われないことでした。不妊を経験する以前の自分は、頑張りさえすればどうにでもなると信じて疑いませんでした。実際、頑張ればどうにかなって来たし、どうにかならなかった時には、自分自身の努力が不...

≫続きを読む

不妊で苦労することについて

●不妊で苦労すること「行った不妊治療について、苦労したことや辛かったことについて教えて下さい」というあるアンケートの調査結果のないように基づいている記事が下記になります。治療面では、造影検査やホルモン注射などの苦痛や、吐き気とだるさといった薬の副作用、「タイミング療法」に対して「夫の仕事がハードで、...

≫続きを読む

焦らないことが大事

3年ほど前から不妊治療をし、去年の12月に待望の赤ちゃんを出産することが出来ました。結論から言うと、私の場合は不妊治療中は妊娠せず、不妊治療をやめてから妊娠しました。不妊治療当時は私は生理周期が40?50日と長く、それを正常の生理周期に戻すために服薬したり、排卵させるための注射を打ったりしましたが、...

≫続きを読む

私の妊活(もどき)

私は入籍の半年後に挙式や新婚旅行を予定していたためその期間、妊活というものは全くしていませんでした。結婚後一年くらいは二人きりの時間を過ごしたいなと思いつつも、妊娠・出産を意識しだすようになりました。というものも、私の年齢はすでに30代。果たしてこんなにのんびりしていていいものなのか?とネット等で妊...

≫続きを読む

自分が不妊であるとは思っていなかった。

妊娠活動を始めるまで、自分が不妊症であるとは全く思っていなかった。私の母も私を含めて3人の子供を産んだし、3歳年上の姉も結婚してすぐに子供を授かり、今は2児の母親だ。避妊せずに夫婦生活を持てば、すぐに子供ができるだろうと思っていた。でも、子作りをしても毎月やってくる生理・・。基礎体温をつけはじめたり...

≫続きを読む