初めての妊活

初めての妊活から、妊娠まで。

去年、女の子を出産した新米ママです。結婚したのは3年前でしたが、結婚してから半年くらいはずっと避妊をしていました。理由としては、新婚旅行で国内・海外を飛び回りたかったこと、赤ちゃんを作る前に夫婦で大好きなテーマパークを堪能したかったことなど、なかなか自分たちの身勝手な理由でした。

 

半年の間にそれらを十分に楽しみ、いざ解禁!・・・したのですが、全く妊娠する兆候なし。そこでようやく、自然に妊娠することは思っていたより大変なことなんだ、と知りました。

 

サプリメント効果口コミ

 

本屋で初めて「妊活」本(たまひよのムックでした)を買い、書かれていることを実践。まずは、排卵日を確認して自分たちなりにタイミング法を実践しました。

 

特に医師の指示を受けたり、といったことはしませんでした。
加えて、日常生活で一番気を付けたのが「身体を温める・冷やさない」こと。もともと冷え性だったので、ショウガを食事に取り入れたり、足湯などを日常的に行って末端の冷えへの対策を入念に行いました。さらに、妊活では必須とされる「葉酸」サプリも飲み始めました。

 

私はベルタのサプリを定期購入しました。そのかいあってか、結婚から1年半近くたって、ようやく第一子を妊娠。検査薬の反応を見たときは、嬉しくて泣いてしまいました。改めて、妊娠とは奇跡のようなものであるということを、思い知りました。

 

妊活サプリランキング研究室TOPへ

不妊体質としてのよくある共通点として。

これから、妊活したい方がいらっしゃるでしょう。ですが、その中で、夫婦が互いに健康な体であったとしても、子作りをしても、一年や二年経っても、妊娠が難しい状態という「不妊」の言葉を聞いたことがあると思います。

 

日本だと、不妊症で悩む女性の方が多々見えて、不妊治療を受けて、子供を授かる方が出てきました。妊娠が難しい不妊体質としては、特徴なことが3点あります。一つ目は、冷え性というものです。20代から30代の女性は特にありあるもので、血管が必要以上に細くなってしまうと、血流の流れが悪くなってしまって、体が冷えてしまうことにしまいます。

 

温かい体作りができなくなってしまいます。二つ目は、細い体の人や太っている人の体型です。生理痛の月経周期が乱れてしまうことで、生理が遅れたり、早くなったりして、不妊体質になってしまうのです。

 

そして、最後に三つ目は、性格面です。神経質だったり、小さなことで心配事ができ、不安だったりして、ストレスを溜めてしまうことです。この3点がなかなか、妊娠が出来やすい体つくりをなくしてしまい、不妊体質となってしまいます。そうならないためにも、自分の好きなことをして、ストレス発散したり、適度な運動をすることをして改善していくのが良いでしょう。

初めての妊活記事一覧

マイルド妊活で気楽にベビ待ち!

晩産化が叫ばれる昨今、不妊に悩むカップルも増えてきました。結婚して普通に性生活を営んでいれば、そのうち妊娠できるのでは?と思っていたのに、なかなか子宝に恵まれないという方、筆者の友人にも複数います。それも無理はありません。仕事をバリバリにこなす共働きDINKSの彼女達の日常は、非常に多忙でストレスに...

≫続きを読む

妊活でやっていたこと

私の妊活は1年半でした。近くに不妊治療で有名な病院があったので、まずはそこに行き、卵管造影で卵管が通っているかの検査をしました。女性側だけに問題がある場合もありますが、男性にも問題がある場合があるので、精液検査もしてもらいました。そして、毎月排卵前に病院へ行き、排卵のタイミングを先生に診てもらいなが...

≫続きを読む

未来の為に?20代から始める妊活

「 妊活」と聞くと、結婚をしてそろそろ子どもを授かりたいと思い始めた女性がするイメージがありますが将来子どもを持ちた良いと思っている女性ならば、現在独身でも、まだまだバリバリ仕事をしたい人でもそんな事は関係無く、必要なことです!避妊=妊娠 ではありません、欲しいと思ってから始めるのでは無く、少しずつ...

≫続きを読む

私が妊娠するまで

30代前半、フルタイム、夫婦共働き、結婚してから4年経過ごろから本格的な妊活をはじめました。私の妊活はおもに以下の4ステップに分けられます。第一ステップ:基礎体温をつける、排卵チェックを行う、血行をよくする(冷え性を治す)ためにジムに行って運動する、よもぎ蒸しに通う、散歩をする、妊娠のためのサプリメ...

≫続きを読む