妊活サプリ

効果のある妊活サプリメントはどれ?経験ママが厳選紹介♪

妊活サプリ夫婦

妊活に必要な栄養素を含んでいる妊活サプリはどれを選べばいいのでしょうか?

 

 

よく妊活の雑誌やテレビの特集などで「葉酸」や「マカ」、「タンポポ」などの成分が入った妊娠サポート商品が紹介されているのを見たことありませんか?

 

女性が妊娠するために効果のある成分がいくつかあるのはご存知だと思います。

 

そのような妊活サプリメントの中で、どれが安心安全で効果が高いのでしょうか。

 

 

実際に妊娠・出産を経験したママの口コミを集めて分析し、ランキングしていますので参考にして下さいね♪


妊活サプリランキング【最新版】

妊活サプリランキング1位 プレグルCB-1カプセル
ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル 妊活サプリで圧倒的な効果があると話題の妊活特化のサプリです。

 

独自のミネラルCB-1を配合しており、ミトコンドリアの活性化をうながします。もちろん不妊の方に必要な葉酸やマカの成分もふんだんに配合されています。妊活サプリランキングでは圧倒的な1位です。

サプリの価格 サプリの容量 サプリの評価
16,000円〜(定期コースなどあり) 84粒

妊活サプリメントおすすめサイトへ

妊活サプリランキング2位 ベルタ葉酸サプリ
妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ 厚労省推奨の葉酸にフォーカスした妊活サプリです。雑誌やメディアにも多く取り上げられていて知名度は高く、サプリランキングで2位を獲得しています。

 

葉酸は妊活には必須の栄養素であるにも関わらず体内にとどまりづらいため、不妊の方は毎日摂取することが必要です。

サプリの価格 サプリの容量 サプリの評価
3,980円〜 120粒

妊活サプリメントおすすめサイトへ

サプリランキング

妊活サプリランキング3位 Lara Republi (ララリパブリック)
Lara Republi (ララリパブリック) Lara Republi (ララリパブリック)は妊活で必要な葉酸、そして鉄、カルシウムの成分が入っており、不妊で悩んでいる方の体に必要な成分を含んでいます。ランキングでは3位に入りました。

 

また、ビタミン・ミネラルで取れる成分が配合されており、卵巣を元気にしてくれ、不妊から妊娠しやすい体へと変化させるサポートをしてくれます。

サプリの価格 サプリの容量 サプリの評価
2,980円 120粒

妊活サプリメントおすすめサイトへ

妊活には生活習慣を改善させよう

サプリメントに備えて

妊娠したいと思ったのは結婚してわりと早い段階で思いました。
それは結婚したのが早くはなかったので30歳過ぎていましたから、すぐにできるとは限らないですし、もう少し先でもいいとは思いましたが、妊娠をいずれするために生活習慣を整えようと思い、実践しました。

 

まずはアルコールは楽しむ程度にする事をしました。週末は仕事の疲れもあって、主人と遅くまで外食して飲んでいましたが、楽しむ、たしなむ程度にしました。そして12:00前には寝られるように気をつけました。

 

これは平日でもなんだかだらだら雑誌やテレビを見たり、ビデオを見て遅くなっていたのを時間を決めて、寝ることにするとホルモンバランスが良くなって体調もスッキリしました。そして、太らないようにもしました。

 

太ってはいないのですが、糖分や脂肪の多いものはほどほどにしました。妊娠した場合に体重が増えすぎていると胎児にも悪影響ですし、妊婦さんも出産のときにリスクが伴いますし、血糖値が高くなってしまいがちですのでここは太らない程度に気を付けました。スウィーツの食べ放題みたいのは行かなくなりました。

 

朝はどんなに眠くても朝の7:00には起きて太陽の光を浴びます。こうすることで毎日少しづつずれていく体内時間がしっかりリセットされてメラトニンの分泌も良くなるそうです。夜ぐっすり眠れるようになりますので自然と早寝になって早起きにもなります。

 

夜は必ず、湯船につかって身体を温めて寝るようにしましたところ、冷え性も改善されて、妊娠しやすい身体になったと思います。

妊娠しやすくするにはとにかく基礎体温を上げる

私が妊娠しずらいとわかったのは高校生の時です。平均的な時期よりかなり遅い初潮を迎えてその後の生理不順が激しく、婦人科にかなり抵抗がありましたが通っていました。その時の担当医に、サラっと「出来にくいね」と言われたことを今でも覚えています。

 

このまま同じ薬でただ基礎体温を測って見せるだけで良くなるのかどうかも明確に答えなかった担当医に嫌気がさし、そこから病院へは行かなくなりました。

 

 高校生の時はまだ『妊娠』への考え方も現実的ではなかったので、そのまま治療もせずに放置し10年以上が経ちました。結婚や出産への適齢期もすっかり過ぎてしまった頃、本格的に婚活しようと考えた時に私が不妊症かもしれないということを思い出し病院嫌いだった私は自分でなんとかしようと決めました。

 

サプリメントに備えて

 

まずは基礎体温をしっかり計り続けること。高校の時の私の不妊気味と言った原因に「無排卵症」というのがあったので基礎体温をチェックしながら排卵が起こっているのかどうか毎月みてました。

 

 様々な不妊に関すること月経に関すること、基礎体温の見方本当に色々調べました。
そんな中で依然として月経が安定せず、排卵も起こっていないということが続き何が一番の原因かを考えたところ私の低体温に原因があるのではないかと思いました。

 

小学生の時から冷え性に悩まされていましたが、当時はそんな名前も無くただ「手足が以上に冷たい」というだけでこれが体に悪影響を及ぼしてるなんて思ってもいません。

 

 冷え性が直接『基礎体温の低さ』や『低体温』に関係しているかはわかりませんが、私の経験からして冷え性を出来るだけなくして体を深部から温めると体温が安定してきて上昇するということがあります。

 

 表面だけでなく深部を温めるのは容易ではありません。お風呂でも難しいです。半身浴なんて本当の冷え性には逆効果でしかないと思ってます。

 

生姜やシナモン、ココア、食事療法も試しました。もちろん温まりますが相乗効果としての効果はあっても単体では体が温まりきりません。運動もたくさんしました。

 

 そんな中で私が一番に体の深部まで温まって体質を改善出来たきっかけとなったものは「砂風呂」です。
効果はすぐには分かりませんでしたが、長く続けると確実に月経不順やその他の体の不調が軽減されていきました。

 

そこから、ヨモギ蒸しの座浴、酵素風呂などを経て無排卵の月経もきちんとした体温変化の基礎体温表が出来上がり、月に一回必ず月経がくるようになり、冷えもかなり改善されその後結婚をした人との間に子どもを授かることも出来ました。

 

全ては『冷え』だと今でも思います。
もう一人欲しいと考えているので、今でも冷えないよう十分気をつけてますし基礎体温で自分の体温管理も続けています。

不妊で苦労した事

効果的な成分摂取可能なサプリメント

 

なかなか赤ちゃんが出来なくて悩んでいる女性はとても多いですよね。原因があれば改善方法も出てきますが、原因がないとどうしていいのかと悩みます。

 

 

私も初めての妊娠はすぐにできました。しかし、残念ながら流産してしまいました。化学流産という事で生理のような形での流産なのでよくわからないまま時が過ぎ、次の妊娠もすぐにできてラッキーと思っていました。

 

しかしです、今度は心拍が確認できずに3か月弱でけいりゅう流産という形で手術をしました。その後は手術のこともあって、半年間は最低でも妊娠活動は控えるように言われ、半年すぎて、さあ妊娠できるぞと思ったら、なかなか出来なくなってしまいました。

 

いろいろなサプリを試したり、運動したり、神社にお願いしたり、病院で観てもらっても特に原因はなく。でも出来ずに毎月生理が来るたびに悲しくなって情けなくなって精神を落ち込ませないようにするのに苦労しました。そんなときはアロマテラピーを使って心身のバランスを取るように心がけたところリラックスできて毎日アロマを嗅いでいました。

 

 

その後もなかなかできなかったのですが、旦那が優しくしてくれたり、今すぐできなくてもいいやと思えた時に妊娠しました!
うつうつとしていると見えないホルモンバランスも崩れてしまったり、暗くなってしまったり良いことはありません。妊娠する活動は大事ですが、あまり思いつめない事でリラックスでき、赤ちゃんもそんなリラックスしているママのところに来たいんだろうなと思えるようになったら、他に原因がなければきっと妊娠しますよ。

 

でも不妊かなと思ったら検査には行った方がいいですよ。原因があるのかどうか調べれば解決方法がわかりますから。

妊活のためにしていたこと。

効果的な成分摂取可能なサプリメント

不妊期間3年、そのうち2年は不妊専門のクリニックに通いました。
自分でできる妊娠力アップに繋がることはどんどん実践したので、ご参考になればと思います。

 

・ルイボスティー

ルイボスティーに含まれる抗酸化作用が卵子の老化を遅らせると聞いて、ずっと飲んでいました。
飲むときはいつもホットで、体を冷やさないように!

 

・よもぎ蒸し

ネット通販で気軽に購入することができます。
生理用のナプキンの下にホッカイロのような形のよもぎ蒸しを貼り付けて使用するのですが、本当に体全体が暖かくなりました。
使用するときは排卵後、これを徹底してください。

 

・葉酸

妊娠中の推奨サプリとして定番の葉酸ですが、実は妊活にも非常に良い効果があると言われています。
特に目立った体の変化があるわけではないですが、不妊クリニックの医師にもおすすめされました。

 

・運動

体の血流を良くして新陳代謝を上げることにも努めました。
一日30分程度のウォーキングなら無理なく続けられると思います。

 

・首が付く部分を暖める

首、手首、足首、くびれは冷やすと冷え性の原因になり、着床の妨げになるそうです。
夏場でもなるべく長袖を着たり靴下を履いたり、冬は毛糸のパンツと腹巻きを着用していました。

人気の妊活サプリメントについて

妊活中からサプリメントは必要なのだろうか?

効果的な成分摂取可能なサプリメント

妊娠する力は、女性であれば本来誰にでも兼ね備わっているはずの力です。しかし睡眠不足や極度のストレス、運動不足などによって妊娠する力を低下させてしまいやすいとされています。

 

実は不妊で悩む方のうち8割は、毎日の生活習慣に原因があるのではないかという見方もあるそうです。

 

不妊症を改善する方法は大まかに分けて5つに分類できます。
?生活習慣の見直し(食生活・睡眠・スポーツ)
?性生活を満喫させる
?必要な栄養素を身体に摂り込む(サプリメント)
?ストレスの緩和
?不妊治療

 

つまり、妊娠しにくくても不妊治療だけを熱心にしても良いわけではなく、普段の生活習慣や必要な栄養素をきちんと体内に摂り入れる努力が一番大事なのです。

 

妊娠したい人のサプリメントの選び方6ヶ条

◇サプリメント

妊娠したい人にとってサプリメントは体内の栄養環境を整え、卵子と精子の成育に必要な栄養素を補足するためのものです。

 

サプリメントは医薬品ではなく「食品」です。そのため医薬品のような製品規制はありません。サプリメントを飲用する人が品質を自分でチェックして、安全なものを選択する必要性があります。

 

サプリメントを選ぶ際には下記の6つの点に気をつけましょう。

 

◇栄養構成がきちんとしていて、ビタミンやミネラルも摂取できること

 

同じマルチビタミンのサプリメントでも、配合成分と配合量には、それぞれ違いがあります。妊娠しやすい体を作るための栄養成分が入っているものを選択しましょう。

 

?ビタミンB群(葉酸など)
?ビタミンE複合体
?鉄
?カルシウム
?マグネシウム
?亜鉛
?ミネラル(セレンなど)

 

上記に挙げた栄養素がバランスよく配合されているサプリメントならば妊娠に必要な栄養素を十分得ることができます。

【妊活サプリ、どれを選べばよいの?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

最近ではサプリメントを使って妊活をしている、もしくは実際にそれで妊娠することができたという女性も多いと思います。
しかし一口に妊活サプリといってもその種類はいろいろで、商品の数もかなりのものです。

 

そのため「どれを選べばよいのかわからない」という人も少なくないのではないでしょうか?

 

人から良いと聞いたサプリメントでも、それが自分に合っているかどうかは試してみなければ分かりません。
このように妊活サプリが妊娠するためには有効であるとわかってはいても、実際にどれが良いのかわからず悩んでいるという女性はとても多いのです。

 

そのような場合は、まずは人気のある妊活サプリメントを試してみるのがお勧めです。
たくさんある妊活サプリメントの中でも特に人気がある商品というのは、妊活中の女性に選ばれるだけのそれなりの理由があるから人気商品になっているわけです。

 

その効果は単に妊活効果だけではないかもしれません。
例えば価格や飲みやすさ、またはそれらの条件をすべて満たすために人気があるという商品もあるでしょう。
人気の妊活サプリにはこうした「人気を集める理由」が必ずありますから、まずは試してみるのが一番でしょう。

 

【妊活サプリ、購入するときのポイントとは?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

最近では妊活をしているという人も珍しくなくなってきました。
中でも妊活に「妊活サプリ」を利用している人はとても多いと思います。
しかし妊活サプリにはいろいろな種類があるため、たくさんの中から一体何を基準にしてどれを選べばよいのかわからないという人も少なくないようです。
間違った妊活サプリを購入して損をした、と思っている人も少なからずいることでしょう。

 

妊活サプリを購入するさいには注意すべき大切なポイントがあります。
それは「飲みやすいものを選ぶ」ということです。
妊活中は妊娠の体質を常に維持し体を良好な状態に保つ必要があり、そのために妊活サプリを利用するわけですから、かなり長期間にわたって飲むことを想定しなくてはいけません。
そう考えると味や量などで飲みにくいと感じる妊活サプリを選んでしまうと、続けることが苦痛になってしまいます。

 

妊活サプリは薬とは違います。
サプリはあくまでも食事では補いきれない栄養素を補う栄養補助食品ですから、効果が出るまでには時間がかかります。
また効果が出るまでの期間にも個人差があり、早い人なら3か月、遅い人なら1年近く続けてようやく効果を実感することができます。

 

しかし薬品ではないためこれが普通であり、あまりに即効性のあるサプリがあったとしたら、そのほうが逆にどんな成分が入っているのかと怖くなると思います。
そういった意味でも妊活サプリは長期的に飲む必要があるため、とにかく飲みやすいものを選ぶということが大切なのです。

 

【妊活サプリ、選ぶうえでのポイントは?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

最近では妊活が当たり前の時代になってきたこともあり、妊活をサポートする「妊活サプリ」もたくさん出回るようになりました。
しかしあまりに種類が多いため、「一体どれを選べばよいのかわからない」という人も少なくないようです。

 

妊活サプリはある程度長期にわたって飲む必要がありますから、飲みやすいものでなくては駄目だというのはもちろんですが、実は妊活サプリを選ぶうえでは他にも2つのポイントがあります。
それは次の2つです。

味やにおい、大きさをチェックしよう

妊活サプリを選ぶうえでは、味とにおい、そして大きさをチェックしておくことが大切です。
毎日口に入れるものですから、特にこの3つは重要です。

 

誰にでも生理的に好まないにおいや味というのがあると思います。
もしも選んだ妊活サプリが自分の嫌いなにおいや味であった場合、なかなか長期にわたって服用するのは難しいでしょう。
大きさも、毎日飲むわけですからあまりに大きいと飲むのが苦痛になってしまいます。

 

この3つすべてを満足させるサプリを選ぶというのは容易ではないかもしれませんが、そのような場合はこの3つの中で優先順位をつけて選ぶというのもよいかもしれません。

 

サポート体制が万全なメーカーのサプリを選ぼう

いざサプリを購入して服用し始めても、途中で何かしら気になることが出てくることはとても多いと思います。
そんな時、サポート体制が万全なメーカーであれば気軽に質問ができ、不安を解消することができます。
いくら不妊治療を受けていても、サプリに関する疑問や質問に答えてくれる医師はいません。

 

ですから効果に疑問を感じたり飲み方で何かわからないことがあっても、それを聞くことができるのはメーカーしかないのです。
 メーカーによってこのサポート力はかなりバラつきがあるため、ずっと飲み続けることを考えれば断然サポート力の高いメーカーのサプリを選ぶのがお勧めです。

 

大手メーカーは対応が悪いって本当?

効果的な成分摂取可能なサプリメント

サプリメントは大手メーカーのものからそうでないものまでいろいろな種類がありますが、「大手メーカーは対応が悪い」という話も時々耳にします。
これは本当なのでしょうか?

 

結論から言えば、これは本当です。
もちろんすべてではありませんが、大手メーカーは対応の悪いケースが多いようです。

 

なぜなら大手メーカーの場合1日に処理しなくてはならない件数が多いため、なかなかそこまで手が回らないからです。
また大手製薬メーカーの場合薬剤師さんがサポートしていることもあり、薬事法に触れるような効果や効能についてはあまり言及できないということもあります。

 

ですので、これはある程度仕方ないのかもしれません。

 

これに対して妊活サプリのメーカーはサポート力がとても高く、対応が温かいうえとても丁寧です。

 

知識はさることながら、どんな内容であれとにかくこちらの話に耳を傾けてくれる姿勢で対応してくれます。
こうした対応の良さは、悩みながら懸命に妊活に取り組んでいる女性と日々向き合っているからこそだと思います。

 

このように妊活サプリのメーカーは、こちらの悩みを理解し気持ちに寄り添ってくれるようなサポートをしてくれるところが多いようです。

 

【妊活サプリ、価格の安さだけで選んではダメ!】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

妊活サプリを活用して妊活をしている、という人はかなりいると思います。
しかし妊活サプリにはいろいろな種類・商品があり、選ぶ基準は人それぞれです。
中には「とにかく低価格だから」という理由で、妊活サプリを選ぶ人もいると思います。

 

低価格のサプリなら、お財布にも優しいので長期間続けるうえでは負担が少なく続けやすいことは確かでしょう。
高すぎるサプリを継続的に飲み続けることはできませんよね。
しかしこれはあくまで程度の問題であり、サプリの内容などを全く無視して価格の安さだけを基準にして選ぶのはよくありません。

 

例えば良質なサプリが2つあったとします。
そこで安いほうのサプリを選ぶのは全く問題ありませんし、大半の人がそうすると思います。
しかし価格だけに目を向けて、サプリに含まれている成分や味など諸々のことを一切考慮しないで選ぶというのはかなりのリスクを伴います。

 

妊活サプリは妊娠をサポートするためのものであり、ひいては赤ちゃんのためのものです。
ですから少しでも良質のものを摂って、体を妊娠しやすい体質に近づけるということが本来最も重要なことなのです。
安いだけで全く安全性のないものを選んでしまうことは、自分のためにも赤ちゃんのためにもなりません。
それは結局お金をドブに捨ててしまうようなものなのです。

 

【妊活は始める時期も重要!】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

最近では「妊活」という言葉を耳にすることも多くなってきました。
自分の身近な人にも妊活をしているという人はかなり多いのではないでしょうか。
妊活とは、妊娠するためにいろいろなことを試みることを言います。

 

昔は「子は天からの授かりもの」とか「妊娠は自然の流れに任せていればできるもの」という捉え方をされてきました。

 

しかし今やそういった考え方が当てはまるのは、20代前半から20代後半までです。
なぜならそれ以降の年齢になると、女性の妊娠力はどんどん低下してしまうからです。
結婚した当初は、「しばらく2人だけの時間を楽しみ、その後妊娠して家族を増やしたい」などと思っていた人でも、なかなか現実はそううまくはいかないようです。

 

近年晩婚化が進んでいるなどの背景も関係し、「避妊も特にしていないのに、結婚してから1年以上たつのに妊娠していない」というケースは多くなってきました。

 

ですから結婚をする前から、自分の年齢や環境を考慮したうえで、いつごろまでには妊娠したいのかをあらかじめ頭の中で整理しておくことが大切です。

 

妊活は正しい時期に始めれば比較的スムーズにいくことが多いのですが、年齢を重ねれば重ねるほど難しくなってきます。
例えば20代の前半に妊娠を希望して妊活を行った場合、1年以内に妊娠できる確率はおよそ9割弱だと言われています。
しかし30代前半になるとこの確率はおよそ8割となり、30代半ばを境に急激に低下します。

 

30代後半にもなると、妊活によって1年以内に妊娠できる確率は6割近くにまで下がってしまいます。
これが「妊娠力が落ちる」ということなのです。

 

この妊娠力の低下は、卵子の老化と深く関係しています。
女性というのは生まれた時から自分の卵子を持っていますが、年齢を重ねるごとにこの卵子も歳をとっていきます。
そのため20歳なら卵子も20歳ですが、35歳なら卵子も35歳になる、というわけです。

 

昔に比べて不妊治療が飛躍的に進歩した現代でも、卵子の老化を止めることはできません。
そのため卵子が歳をとればとるほど、不妊治療の効果も期待できないというわけです。
ですから自分の卵子を凍結保存させておくという人も中にはいるようです。

 

【楽しみながら妊活をしよう!】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

最近では妊活をしているという人も多くなってきました。

 

女性は生まれた時から卵子を持っていますが、年齢を重ねるとどうしても卵子も老化していきます。
卵子の老化と不妊とはとても深い関係があると言われていて、不妊治療においてもそれが顕著に現れます。
例えば不妊治療で体外受精を行う場合、女性は42歳までが勝負であり、43歳からは急激にその成功率も下がると言われています。

 

そして妊娠成功率よりも、むしろ流産する確率の方が高くなるとも言われています。

 

こうしてみると、私たち人間の身体は「妊娠する時期=子育てをするのに最適な年齢」となるようにできていると考えることができます。
近年晩婚化が進み、女性が高齢で妊娠を望むことは多くなっていますから、不妊で悩む人が多くなるのは当然かもしれません。

 

ですから妊娠を望む人は、自分の体と向き合いつつしっかりと妊活に取り組み妊娠できる環境を整えることがとても大切です。
それから妊活においてはパートナーの協力もとても重要です。
自分一人だけで妊活を成功させることは到底できません。

 

それから最も大切なことは、「楽しみながら妊活をする」ということです。
妊活を深刻にとらえ過ぎてしまうと、それがストレスとなり逆に妊娠しづらくなってしまうケースも少なくありません。
楽しみながらもしっかりと妊活をすることで、妊娠できる確率も高くなるはずです。

 

【妊娠前や妊娠中に葉酸が奨められるのはどうして?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

妊娠前や妊娠中に葉酸を積極的に摂取したほうがよいということは、今は多くの人はご存知だと思います。
そのため葉酸サプリメントを活用しているという人も多くなってきています。
しかし具体的にどうしてそうなのかを理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

葉酸は生まれてくる赤ちゃんが健康的に発育するためには欠かせない栄養素です。
受胎した後の胎児は活発に細胞分裂をしながら成長していきますが、その際に葉酸が必要となります。
母体が葉酸不足になるとこの細胞分裂がうまくいかなくなり、二分脊椎症や無脳症などの先天性奇形の原因となる「神経管閉鎖障害」が起こりやすくなります。

 

こうした障害のリスクを下げるためには、妊娠する1か月以上前から十分な葉酸を摂取することが望ましいと言われており、そのため妊娠前からの積極的な葉酸摂取が勧められているのです。

 

葉酸は普通の食事からでも摂取することはできます。
しかし水や熱に弱い性質があり調理の段階でかなり減ってしまうため、実際に食事から摂取できる葉酸の量はごくわずかです。
さらには食事から摂取する葉酸は体内に吸収されにくいという性質もあり、いくら摂取しても実際体に吸収されるのはおよそ半分だと言われています。

 

ですから妊娠を希望している女性は、普段の食事に1日当たりプラス400μgの葉酸を摂取することが望ましく、厚生労働省からもサプリメントなどの活用が勧められています。

 

いつごろから葉酸を摂取するのが効果的か、具体的な日数を計算することはできません。
そのため妊娠を希望しているのであれば、普段から葉酸のサプリメントを摂取し妊娠に向けての体作りをしておくことをお勧めします。

 

【葉酸を選ぶなら「葉酸サプリメントランキング」を活用しよう!】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

日本において「葉酸を妊活中や妊娠中に積極的に摂ったほうが良い」ということは、比較的最近になってからです。
アメリカやカナダをはじめとする諸外国では、日本より10年以上も前から葉酸を積極的に摂取する動きが始まっていました。
これは日本における、神経管閉鎖障害に対する意識の低さの現れであるとも言えます。

 

日本では平成12年12月28日に厚生労働省から発表した「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」の中で、葉酸の重要性が語られました。
しかしそれ以降も葉酸の認知度や注目度は上がりませんでした。

 

こうした流れを受けて、2002年からは葉酸を積極的に摂取する必要性について母子手帳にも記載されるなど様々な取り組みがなされ、ようやく徐々に葉酸の摂取が積極的に行われようになってきました。

 

葉酸は食事からでも補うことができますが、妊娠前や妊娠中に必要なだけの量を食事だけで補うことはなかなか難しく、それゆえサプリメントの活用が推奨されています。
一口に葉酸サプリメントといってもたくさんの種類があるため、何を基準に選べばよいのかわからないという人も多いと思います。
そのような場合は、「葉酸サプリメントランキング」を活用するのも一つの方法です。
葉酸サプリメントランキングでは、様々な葉酸サプリメントを価格や栄養素などの面から比較・評価しランキング化されています。
妊婦さんだけでなく、妊娠をこれから望む女性や男性にもとても参考になりますので是非一度活用してみてはどうでしょうか。

 

【妊活中に葉酸が果たす役割とは?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

葉酸は、妊活中や妊娠中に積極的に摂取することが望ましいとされていますが、具体的に葉酸はどのような役割を果たすのでしょうか?

 

妊活中に葉酸が果たす役割として、次のような点が挙げられます。

 

●正常な卵子と精子を作る

 葉酸には細胞分裂を促す働きがあり、これは卵子や精子の細胞分裂にも深く関係していると言われています。
 卵子や精子が正しく細胞分裂できれば健康な卵子や精子がつくられます。
 卵子と精子が健康であれば受精率は上がると言われているほか、細胞分裂が上手くいかないことでおこる染色体異常も防ぐことができるため、ダウン症の予防効果も期待できます。
 また健康な精子と卵子では流産や死産などのリスクを下がると言われています。

 

●着床率をアップさせる

 いくら授精が行われても、それがうまく子宮内に着床しなければ妊娠は成立しません。
 葉酸には子宮内膜を厚くし受精卵を守る働きがあると言われています。
 子宮内膜の厚さと妊娠率は深く関係していると言われており、子宮内膜を厚くする効果のある葉酸が妊娠に効果的な栄養素であることは言うまでもありません。

 

●胎児の成長をサポートする

 妊娠が分かった時というのは、すでに妊娠して2〜3か月経っていることが多いと思いますが、この時期は脳や脊髄など重要な器官が形成される大切な時期です。
 先程も述べたように、葉酸には細胞分裂を促す働きがありますから、この細胞分裂の盛んな時期に十分葉酸を摂取することはとても重要です。

 

 この時期に葉酸が不足していると、神経管欠損症などの奇形が起きたり流産を起こすリスクも高まります。
 そのため妊娠前から葉酸を十分摂取することが大切だと言われており、厚生労働省も「妊活中から葉酸を積極的に摂取するように」と推奨しています。
 妊娠前から葉酸を十分摂っていれば、いつ妊娠して胎児が成長しはじめても安心です。

 

このように、葉酸は妊娠をしやすくしてくれるだけでなく知らぬ間にお腹に宿った胎児が無事に成長するために欠かすことができない栄養素であると言えます。

 

【葉酸不足になるとどうなるの?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

葉酸は果物や野菜などを通して普通の食事でも摂取することができる栄養素です。
しかし食生活が乱れていると不足しがちになるほか、飲酒でも消費されてしまうため気が付かないうちに葉酸不足を招いていることも少なくありません。

 

葉酸不足になると正常な卵子や精子が作られにくくなったり、受精卵も着床しにくくなるなどの悪影響が起こりやすくなります。
そのため授精の確率が下がるだけでなく、流産や死産を引き起こす可能性も高くなると言われています。

 

その他にも葉酸不足は胎児の神経管欠損症のリスクを高くするほか、貧血になりやすくなる、精力減退を招くなどの悪影響が生じると言われています。
ですから妊活中には絶対に葉酸不足にならないよう気をつける必要があります。

 

厚生労働省によると、葉酸は1日当たり400μgの摂取が推奨されています。
妊活中にこれだけの葉酸を摂取しておけば、いつ妊娠しても大丈夫です。

 

この400μgという量を守ることが大切であり、食事から葉酸を積極的に摂取したいのであればほうれん草やニラ、納豆などの食品をすすんで食べることをお勧めします。
ただし葉酸は水に溶けやすく熱にも弱いため、調理の段階でその大半が失われてしまいます。
加えて食品に含まれる葉酸は体内に吸収されにくいという性質も持っているため、出来れば葉酸サプリ等を併用するのがオススメです。

 

【葉酸サプリメント、選び方のポイントは?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

妊活している女性や妊娠中の女性の中には、葉酸を補うために葉酸サプリメントを活用している人も多いと思います。
葉酸は普通の食事ではなかなか十分な量が摂取できない栄養素ですから、サプリメントを活用するのはとても良い方法です。
しかし一口に葉酸サプリといってもその種類は実に多く、自分にはどれが合っているのか分からず迷ってしまうという人も多いでしょう。

 

葉酸サプリメントを選ぶうえでは次のようなポイントに気をつけて選ぶことが大切です。

 

@配合されている葉酸が400μgであるかどうか
 400μgの葉酸というのは、厚生労働省が推奨している1日当たりの葉酸摂取量です。
 特に妊娠前から妊娠初期にかけては、受精卵の着床率を上げ胎児に起こる神経管閉鎖障害のリスクを下げるという意味でも、この400μgという量の葉酸をしっかりと摂ることが大切です。

 

A天然由来かどうか
 葉酸サプリメントは大きく分けて「合成葉酸」のものと「天然葉酸」のものとがあります。
 この2つを比較すると、当然ながら天然葉酸のほうが安全性が高いうえ効果も期待できます。
 ですから葉酸サプリメントを選ぶ際には「天然由来」のものを選ぶことが大切です。

 

【妊活サプリは無添加のものを選ぼう!】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

最近では「妊活」という言葉を耳にすることも珍しくなくなってきました。
妊活の動きが活発になるのと並行して、妊活サプリの種類も多くなっています。

 

妊活サプリは妊活をサポートしてくれる大切なものです。
しかし中には添加物が多く含まれているものがあることも事実です。
毎日口にするものですから自分の身体はもちろんのこと、赤ちゃんのためにも妊活サプリを選ぶ際には無添加のものを選ぶことが大切です。

 

そしてなおかつ放射能チェックがきちんとされているものを選ぶことが大切です。
近年は放射能による食物汚染は深刻化しており、放射能チェックを行ったうえで出回っているものも少なくなく、妊活サプリも例外ではありません。

 

これから生まれてくる赤ちゃんが健康であるためにも、妊活サプリに使われている原材料の放射能チェックがきちんとされているかどうかを確認する必要があります。
きちんと放射能チェックが行われている会社のサプリメントであれば、公式ホームページなどにはそのように記載されているはずです。

 

それから妊活中や妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけではありません。
他にもビタミンやミネラル、カルシウムなど妊娠中に特にしっかりと摂らなくてはいけない栄養素はまだまだたくさんあります。
これらの栄養素をそれぞれサプリメントで補うというのも一つの方法ですが、何種類ものサプリメントを服用するというのは手間もかかるうえ体への負担も大きくなります。

 

ですから妊活中や妊娠中に特に必要となるこれらの成分がまとめて含まれているサプリメントを摂取するのが一番効率的です。
妊活サプリを選ぶうえでは、成分表示のを見てどのような栄養素が含まれているのかを確認することが大切だと言えます。

 

【卵子の質を上げるにはどうすればよいの?】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

女性は生まれた時から自分の卵子を持っています。
そして年齢を重ねれば重ねるほど、この卵子も老化し質が悪くなっていきます。
女性が高齢になると妊娠しにくくなり、流産などのリスクも高まるのはそのためです。

 

つまり卵子の質が良ければそれだけ妊娠しやすいということであり、先天性異常などのリスクも少なくなるというわけです。
では卵子の質をあげるためには、具体的にどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

 

卵子の質を上げるうえで一番気をつけなくてはならないのが「活性酸素」です。
私たち人間の身体は、心身にストレスを受けると体内で「活性酸素」が発生します。

 

この活性酸素は体の色々な細胞を傷つける有害な物質です。
卵子も例外ではありません。

 

活性酸素が大量に発生すると、卵子は傷つけられてしまい質も低下します。
実際生活習慣の乱れやストレスなどの影響で、卵子の質が低下している人は年々多くなっていると言われています。
ですから卵子を守り卵子の質を向上させるには、活性酸素を取り除くことがとても重要なのです。

 

この活性酸素を取り除いてくれる物質は「抗酸化物質」と呼ばれるものです。
抗酸化物質にはいろいろな種類がありますが、代表的なものとしてはビタミンE、ビタミンCなどです。
ルイボスやザクロなどにこれらの栄養素は豊富に含まれていますので、積極的に摂取することで高い抗酸化力が期待できることは間違いないでしょう。

 

【卵子の質が上がれば妊娠しやすくなる!】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

近年不妊で悩む人はとても多くなっています。
不妊の原因はいろいろありますが、その一つが卵子の質の低下です。
卵子は年齢を重ねれば重ねるほど、その質も低下します。

 

卵子の質が低下すると受精率が悪くなるのはもちろんのこと、流産や死産などのリスクも高くなるほか、染色体異常や先天性疾患のリスクも高くなると言われています。
晩婚化が進む時代の今、卵子の質が低下するのはある程度避けられないことなのかもしれません。
しかし努力次第では卵子の質を向上させることは可能です。

 

卵子の質を向上させるには、次の2つが重要です。

●血行を促進し卵巣の環境を整える

 妊娠がうまく成立するには、状態の良い卵子が排卵されることが条件であり、そのためには卵巣で卵胞が十分に生育する必要があります。
 卵胞がしっかり育つためには十分な酸素や栄養分が必要となりますが、血行が悪いと卵巣に十分な酸素や栄養素が届かなくなります。
 そのため卵巣にしっかりと酸素や栄養分を届けて卵胞を十分育てるためには、血行を促進することがとても大切です。
 卵胞が十分育てば、おのずと卵子の質も向上します。

 

●ホルモンバランスを整える

 卵巣内で卵胞が育ち、それが排卵して受精しなければ月経が起こる、という一連の月経周期は、ホルモンが分泌されることで起こります。
 ですからホルモンバランスが整っていなければ月経周期も乱れてしまい、当然卵子の質も低下してしまいます。
 ホルモンバランスが乱れるのにはいろいろな要因がありますが、中でも大きいと言われるのが自律神経です。

 

 自律神経は自分の意思とは無関係な部分で体の器官をコントロールする役割があります。
 例えば血管が収縮したり開いたり、心臓が動いたり汗をかく、といった動きは全て自律神経によってコントロールされています。

 

 心身にストレスがかかると自律神経はバランスを崩してしまいます。 
 そのためこうした体の器官にも乱れが生じ、ホルモンバランスも乱れてしまいます。
 ですから自律神経を整えればホルモンバランスは整い生理周期も整います。
 そうすれば結果として卵子の発育が良くなり排卵も正常に起こるようになり、卵子の質も向上します。

 

このように卵子の質を向上することはできるので諦めてはいけません。
年齢と卵子の質は必ずしも比例するものではありませんから、妊娠を希望している人は是非頭に入れておきましょう。

 

 

【卵子の質を上げるにはビタミンEが効果的!】

卵子の質を上げることは妊娠力を高め妊娠しやすくなるだけでなく、流産や死産、先天性疾患などのリスクを減らすことにも繋がります。
特に女性の高齢出産が多くなりつつある現代では、卵子の質を向上させることが妊活において大きなカギとなります。

 

最近では卵子の質を上げる効果のあるサプリメントも人気が高く、活用している人も少なくありません。
卵子の質を上げるサプリメントには、

・活性酸素を取り除く働き
・血流を良くする働き
・ホルモンバランスを整える働き

これらすべてを可能にしてくれる成分が含まれているのが理想的でしょう。
そしてこの3つの働きを全て兼ね備えている栄養素がビタミンEです。

 

ビタミンEはビタミンCと肩を並べるほど抗酸化力の高い栄養素です。
そのためビタミンEが豊富に含まれたサプリメントであれば高い抗酸化力が期待できますので、卵子が活性酸素によって傷つけられるのを防ぐことができます。

 

さらに活性酸素を取り除いてくれることで血液がサラサラになり、血行促進効果も期待できます。

 

加えてビタミンEには自律神経を安定させ、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。
こうしたことから、ビタミンEは「妊娠ビタミン」と呼ばれることもあります。

 

このように卵子の質をあげるためにはビタミンEが不可欠です。
ビタミンEを豊富に含んだサプリメントを摂取することで妊娠しやすい体を作ることができるはずです。

 

 

【卵子の質の向上効果が期待できる6つの食品】

効果的な成分摂取可能なサプリメント

卵子の質を向上させることは、妊娠する確率をアップさせるだけでなく流産や死産など様々なリスクを軽減することにもなります。
卵子の質を上げるための基本的なポイントは、

・卵巣まわりの血行を促進させて卵巣機能を高める
・ホルモンバランスを改善して月経周期を整える
・活性酸素を取り除いて卵子の老化を防ぐ

という3つになります。
では、このような効果が期待できる食品にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

特に卵子の質を上げる効果が高いと言われているのは次の6つの食品です。

 

@ザクロ

 ザクロにはポリフェノールが豊富に含まれているため、高い抗酸化力が期待できます。
 これにより血行が促進され体もポカポカと温まります。
 またホルモンバランスを整える効果もあります。 
 化粧品など美容に関する商品い多く使われているのはこのためです。

 

Aしょうが

 しょうがは胃の粘膜に直接作用し、体内で熱を作り出す働きがあります。
 また血管拡張作用があるため、血流の促進効果も期待できます。

 

Bたんぽぽ

 たんぽぽはホルモンバランスを整えてくれるため、質の良い卵子を作る効果が期待できます。
 たんぽぽ茶として摂りいれる方法がオススメです。

 

Cローヤルゼリー

 ローヤルゼリーには血行を促進し、冷えを改善する効果があります。

 

D葉酸

 葉酸は細胞分裂を促す効果があるため、質の良い卵子・精子をつくるうえでは欠かせません。
 葉酸が不足すると、血管が狭く硬くなるため血流障害が起こりやすくなります。
 また酸素を運搬する役割を持つ赤血球がうまく作られなくなるため、卵巣に十分な酸素が行き届かなくなります。

 

Eマカ

 マカにはホルンバランスを整える効果が期待できます。
 またビタミンやミネラルがバランスよく含まれているため、根本的な体質改善をする効果もあります。

 

このような食品を積極的に摂取することで、卵子の質を質を向上させることができます。
妊娠を希望している人は是非積極的に摂ることをお勧めします。